楽しく笑っている学生たち
  • ホーム
  • 札幌の家庭教師で悪口や眠いと言うなどトラブルの場合

札幌の家庭教師で悪口や眠いと言うなどトラブルの場合

勉強している女の学生

札幌では、家庭教師を利用する人も多いです。
雪が積もっている真冬には、塾に通うことも大変なので、自宅に呼べる家庭教師は、安心・安全です。
家庭教師にはメリットもありますが、デメリットもあります。

家庭教師も人間なので、人の悪口を言うことがあります。
逆に、子供が先生の悪口を言うこともあるでしょう。
授業中に悪口を言うような先生は、あまり褒められたものではありませんので、注意をして、それでも直らなければ、先生をかえてもらうことも検討しましょう。

子供が先生の悪口を言っているときには、その内容をよく聞いておいたほうがよいです。
先生の容姿などをけなしている場合には、子供を注意するべきですが、先生の態度に問題があって、それを子供が訴えているというケースもあるかもしれません。
悪口を言っているからといって、すぐに子供をしからずに、まずは話を聞いてあげるようにしましょう。

暖房がきいた部屋で勉強をしていると、眠いと感じることがあるようです。
家庭教師を呼ぶのは、主に夕方から夜の時間帯になると思われるので、コーヒーを出すことはよくありません。
コーヒーを夜に飲むと、眠れなくなり、生活リズムが壊れてしまい、勉強に悪い影響が出てしまうこともあります。
かといって、子供が眠いので、せっかく来てくれた先生を帰すわけにもいきません。
どうしても眠いというのなら、時間を短縮してもらうように先生と交渉をするなどしてみましょう。
暖房の温度を少しさげて、ちょっと寒いと感じるくらいになると、集中力が増すという意見もあります。

家庭教師というシステムは、子供によっては合わないこともあります。
自宅で勉強ができる子供もいますが、塾や図書館などでないと集中できないという子供もいます。
子供に合わないと感じたら、塾など、他の手段を検討してみるのがよいでしょう。

関連記事